パーティードレス関連情報

HOMEパーティードレスの保存方法

最終更新日:2017/11/20

パーティードレスの保存方法

ドレスを着た細身の女性

家での洋服の保存方法はどのようにしていますか?タンスや衣装ケースに直していますか?それともアパレルショップのように1枚1枚丁寧にハンガーにかけていますか?洋服は何枚もありますし、素材によって保存方法も変わってくるかと思います。パーティードレスはどうでしょうか?普段着るものでもないから、畳んで置いておくと皺がついてしまって、次に着る時にまたアイロン掛けから始めないと着れないなどの事態が発生します。そんな手間を省くパーティードレスの保存方法をお伝えします。パーティードレスは素材にもよりますが、ビジューやパールが付いているものだと、家庭で洗濯するのは難しいです。丁寧に洗わないと、ほつれてしまったり、せっかくの装飾が取れてしまったりします。レースや複雑なデザインのものも同様で、丁寧に洗濯を心がけないと違う洋服のホックが引っかかってほつれてしまったり、生地が伸びてしまったり傷んでしまったりします。なので、パーティードレスなどのとっておきのものはクリーニング屋さんに持っていきましょう。家庭のお洒落着洗いでも可能ですが、きちんとネットに入れてパーティードレス単体で洗ってあげるのがベストです。パーティードレスは繊細な物なのでそれくらい丁寧にしてもおかしくありません。クリーニング屋さんに依頼すると、物にもよりますが1,000円前後で依頼できるところもあります。パーティードレスの上にファーコートなど羽織っていたのであれば、それも一緒にクリーニング屋さんに依頼できます。クリーニングに依頼する時はたたみかハンガーか選択が可能です。先ほども言ったように、畳んでしまっておくと皺が付いてしまいます。パーティードレスなどは素材によってはアイロン掛けも難しいものもあるので、なるべくハンガーで返してもらいましょう。ハンガーならどこかにひっかっけておくだけで保存が可能です。クリーニングに出せば、ハンガーで返却される際もビニールに包んで返してくれるので、部屋の臭いや埃などが付きにくいです。長年クローゼットに放置してしまうと、虫食いなどの被害も考えられるので、防虫剤なども一緒に保存しておくと尚良いでしょう。そして、パーティードレスは繊細な素材のものが多いので、なるべく日に当たらない場所で保管しておきましょう。日焼けしてしまったり、高級レースをあしらっている場合は黄ばんできたりしてしまうので気を付けてください。

一覧はこちら

パーティードレスランキング

TOP