パーティードレス関連情報

HOME結婚式でのアクセサリーマナー

最終更新日:2017/11/20

結婚式でのアクセサリーマナー

純白のドレスを着た女性

女性は普段からアクセサリーを付けている方が多くいますが、結婚式ではアクセサリーのマナーにも気を配らなくてはなりません。結婚式で一番タブーなのが花嫁との被りなので、花嫁が着用するであろうティアラなどは絶対に避けてください。また、キラキラした素材のものも花嫁のアクセサリーと被ってしまうので、避けましょう。できれば真珠やパールなど光沢が強すぎないものが好ましいです。生け花やコサージュも大振りなものは避けましょう。また、季節感が合っていないものもマナーとしてダメです。普段使いのアクセサリーであれば、少々季節感がズレていても気になりませんが、結婚式ではそういうわけにはいきません。季節感は統一して、お洒落を意識していきましょう。他にも腕時計は結婚式には付けていかない方がいいでしょう。腕時計を付けているとついつい見てしまうと思いますが、結婚式などのお祝いの席で時計を気にする行為はマナー違反になります。時計はして行かない方が良いでしょう。イミテーションのアクセサリーは、NGではありません。ゴージャスすぎて周りが引いてしまうより、イミテーションのアクセサリーで統一感がある方がいいです。ただ、イミテーションのアクセサリーでも大きすぎるものなどは存在感がありすぎるので、結婚式には向いていないでしょう。パーティードレスの通販サイトなどを見ていると、結婚式で使えるアクセサリーなども一緒に販売しています。値段もそこまで高くないので、もしパーティードレスに似合うアクセサリーを持っていないのであれば一緒に買ってしまってもいいかもしれません。普段使いをするわけでもないですし、多少安いものでも許容範囲です。ただここで注意してほしい事があります。パーティードレスで激安で販売されているもの、アクセサリーも激安販売されているものには少し気を付けましょう。アクセサリーやドレスが長時間肌にこすれていると皮膚がかぶれてしまったり炎症を起こしてしまうものも中にはあるので、そういった事も注意してください。パーティードレスは露出が多いデザインが多いので、皮膚が赤くなっていたりすると恥ずかしい思いをしてしまいます。そして、ピアスをしている女性で気を付けておきたいのが、揺れるピアスです。結婚式に揺れるピアスは不向きなアクセサリーです。これも、「家庭が揺れる」など言い伝えから来るものですが、縁起がいいものでは無いので避けましょう。また大振りなピアスは全体的なバランスが悪く見えるので結婚式につけていかない方がいいでしょう。ドレスだけではなく、アクセサリーにもマナーがあるので、出席する際には注意していきましょう。

一覧はこちら

パーティードレスランキング

TOP