パーティードレス関連情報

HOME結婚式でのパーティードレスのマナー

最終更新日:2017/11/20

結婚式でのパーティードレスのマナー

セクシーなドレスを着た女性

結婚式には新郎新婦の両親から会社の上司、幼馴染や地元の友達など様々な人が集まります。そんな大勢の前で結婚式のパーティードレスのマナーを守れていなければ、新郎新婦の顔に泥を塗ることになります。自分自身が笑われることにもなりますが、人様に迷惑を掛け兼ねないので、結婚式のパーティードレスのコーデは慎重にいきましょう。まず避けたいのが、白のパーティードレスです。結婚式で白の色を着て良いのは花嫁だけと決まっています。なので、白色のパーティードレスは論外です。逆に黒色のパーティードレスもマナー違反です。どこかにワンポイントや、ツートーンになっていて黒が入っているレベルなら大丈夫ですが黒づくめだとお葬式を連想させてしまうので縁起が悪いとされています。パーティードレスは激安でネットなどでも購入できる時代になりましたが、激安とついているものには注意してください。素材が安ぽっかたり、縫製が甘かったりすると1回着ただけで紐がほつれてきたりして、帰る頃にはボロボロになってしまったなんてこともあります。なので、結婚式に参加される時のパーティードレスは激安ではなく、通常の値段のものを買っておくのが無難です。また女性のパーティードレスで気を付けておきたいのが、肩を出さないということです。拍子抜けしてしまうかもしれませんが、パーティードレスでは肩出しのものも販売されています。販売されているんだからいいんじゃないの?そういうわけにはいかないのです。肩出しデザインのものも着ても大丈夫なのですが、ショールやストールなどを羽織って肩を出さないようにしなくてはいけません。面倒なことではありますが、これも結婚式のパーティードレスのマナーの一つです。誰に見られても恥ずかしくないようにしておきましょう。パーティードレスにも種類があり、午前で着るもの午後で着るものなど時間帯や結婚式場のタイプでも変わってきます。参加する式が何時から始まるのか、どこで開かれるかなどもきちんと把握しておきましょう。結婚式はフォーマルな場所なので、パーティードレスもフォーマルデザインのものを選び、細心の注意を払っておきましょう。場面に応じて、食事や長時間にも及ぶことにもあるので、なるべく疲れないようなパーティードレスが最適です。パーティードレスも小さいサイズのものだと食事をしたときにお腹が張ってしまったりして苦しくなってしまうので、少し大きめから普通サイズのものを着用しましょう。

一覧はこちら

パーティードレスランキング

TOP